Cheer Upラジオと、サンデーみらいTV。そして土日の議員活動と家庭の両立について。

8月に収録をしてきた、品川区の横山区議と目黒区の田添区議とのCheer Up Radio!の第二回がサイトに公開されました。


議員としての議会での質疑や要望、

街頭や駅頭活動での都政報告ともまた違った切り口で、

生活者目線でひたすら身近な問題を取り上げて語る!をテーマに、3人のうち誰かがナビゲーターを務めて話をしていくことにしています。


私たちは児童虐待の根絶、根本解決に向けて、勉強会などを一緒に開催していますが、虐待も「小さなストレス」の積み重ねであったり、生活の中にある「ふとした孤独」や「疲労」から生まれてしまうこともあると思っています。


そして、私たちは女性であり議員であるために、一般の方から

「こんなことでは悩まないのではないか」

「きっと家のことも完璧にできているのではないか」

などのイメージを持っていただくことがなきにしもあらずですが、実際は違います。

日々、悩んで、失敗をして、テンパってしまってまた失敗して、などの繰り返しで、そのエピソードや解決策を少しでも共有することで、子育てや仕事・家事や人間関係の悩みを解決する糸口にしてもらえたら!!

という想いから、この番組のタイトルはテンパリ議員のCheer Up Radio!となったのでした。

是非、聞いていただいて、番組へ質問やご意見などいただけますと幸いです。


そして、本日は日曜。サンデーみらいTVでした!

普段10時15分からの放送のため、油断してエアコン修理の業者の方の対応などをしていたところ、本日は放送が9時15分からでした。事後報告になってしまい、申し訳ありません。



私は9時20分ごろから出演しています。


こちらも、リアルタイムでコメントが拾える時は、いろいろな疑問に答えていけるように取り組んでいます。

今週は新型コロナウイルス関連と、東京都補正予算案について、またインターンの大学生さんからの質問に答えています。


是非また来週以降も機会があればご覧ください!そして、質問等があればどしどしご参加ください!


今日のインターンさんからの質問で、「女性だからできている活動と、女性だから大変だということはありますか?」というものがありました。

テレビの中で答えているので是非ご覧いただきたいのですが、

女性だから大変、というところは迷わず平日夜間や土日の議員活動の難しさをあげてしまいました。


例えば私の昨日の土曜日について例を挙げますと、

5時半起床、掃除、朝食

8時半息子サッカー練習送り

9時〜 メール・電話返信や事務仕事(娘は横で人形遊び)

10時半〜11時半 民間団体の方からオンライン相談・意見交換(娘は横で塗り絵遊び)

終了後、娘の散らかした床一面に広がるおもちゃや本・ノートを片付ける。息子のユニフォーム等洗濯、宿題に着手。

昼食。

14時半〜16時 多摩地域でのとある教育プロジェクト関係者のオンライン会議

16時半〜17時半 息子と娘の音楽レッスン

18時〜 買い出し

19時〜 夕食、風呂、寝かしつけ等


と、だいたいこんな日常です。

長男とともに起床して、夜は保育園で昼寝をしてきた娘が寝てくれる22時半過ぎに自分も倒れ込むように眠ります。

自分と子供の予定を1日で合わせて5件以上抱えていると、夕方以降は結構げっそりしています。


特に土日は子供たちがいる状態で、習い事や学校行事・保育園行事・スポーツ練習や試合の予定と調整しつつ、平日行けない食料品の買い出しなどにも行って、時には運転免許を返納した両親の買い出しサポートも行いながらオンライン会議や配信が入るため、正直平日よりも多忙な印象です。平日の予定は1日の間に5件仕事が続いても土日に比べると余裕があります・・


平日に子供たちが学校や保育園に行ってくれている間の時間は、なんと平穏なことか・・・とか、

子供たちの予定や要求に中断されずに仕事ができるというのは、なんとありがたいことか・・・と、

このコロナ禍でも子どもの受け入れに最新の注意を払って続けてくださっている学校・園に感謝感謝です。本当に、それらがなければ簡単に私のような状況の働く親の家庭は破綻してしまいそうです。テレワーク推奨と言われても、実際にはテレワーク&子どもが休みで在宅していては仕事効率は半減します。また、働いていない親の方でも休校中の家庭内は本当に大変な状況であったとよく伺います。子供が複数いる場合、受験生がいる場合、乳幼児がいる場合、パートナーが単身赴任中の場合、ひとり親の場合などなど、それぞれの家庭ごとに本当に大変さがあります。


子供たちを見ていると、夏休みが終わって学校が再開してからは、朝や夕方以降は家でも落ち着いて一人遊びや読書ができています。学校や園でたくさんお友達と接して遊ぶことがこんなにストレス解消になっているんだな、と思わされます。それができていなかった時期は家の中で兄弟喧嘩の激しいこと・・本当に、その時期が再びこないことを願うばかりです。


友達と遊ぶ、と言っても、園はクラスを少人数に分けて違うお部屋で見てくださっていたり、小学校は昼食時や体育の時間など、マスクを外す時はおしゃべり禁止、など、子供たちにとってはまだまだ自由に楽しく気持ちよく遊べる環境にあるとは言えず、早く元どおりの形で思いっきり遊ばせてあげたいです。


さて、インターンさんの質問はとても面白いものが多かったですが、サンデーみらいTVでも、いつでも質問を受け付けております!

是非、どんな些細なことでも、素朴な疑問でも、都政に関することでも議員活動に関することでも、何かあれば是非お尋ねください。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。