福祉を超えて、まち全体へ働きかける。超福祉展の須藤さん・鳥羽さんから学ぶ。

これまた報告が遅くなりました。先週日曜の東京みらいゼミで、超福祉展の須藤さん・鳥羽さんから取り組みの経緯やそこから見えてきた可能性・また課題などについて伺いました。


超福祉展は皆さんご存知でしょうか?

まさに読んで字の通り、「福祉を超える」展とも言える、

それまでの福祉の枠を超えて、

福祉として取り組まれてきた形を超えて、

障害のある人の暮らす場所や生活の仕方、仕事の仕方なども全て「超えて行ってしまおう」と言うコンセプトを随所に感じる、かなり革新的な福祉機器や福祉ロボットなどにもお目見えすることができる国内随一の展示会です。


伺ったお話を全部お伝えすることは難しいのでエッセンスだけ簡単に記させていただくと、

「その人の生きる姿を、活躍する形を、勝手に限定してしまうのは良くないのでは?」

と言うごく普通の、そしてごもっともな視点から、

「どこかに、障害のある人が生きやすい社会(施設・地域)を作る」のではなく、

「社会全部が障害のあるなしにかかわらず生きやすくなるように変えていく」と言う方向にシフトせんと、動かれてきたということがわかりました。

個人的に、障害のある方の活躍について「No Limit」の精神で取り組まれてきたその足跡に敬意を表するとともに、


とても心に響いたのが「主体的に取り組むということの重要さ」です。


主体的に取り組む、とは、誰かに言われてやる仕事のことでも、やれば褒めてもらえる(評価してもらえる)と考えてやる仕事のことでもなく、


自らがトライアンドエラーを繰り返しながらもどうにかしてそれを形にしたい、それで報酬が増えるわけでも功績につながる訳でも褒めてもらえる訳でもないけれどもどうしても結果につなげたい、と考えて日々取り組みを続けることなのだと思います。


議員をさせていただいている中で、

自分が取り組みたい、どうにかしなければと考えて取り組んでいることの他にもたくさんの都民からの陳情やご要望をいただく日々で、議員活動というのは「主体的」というよりも「協働的」であったり時に「受動的」であったりする側面があると感じています。

議員本人にはやりたいことや目指すことがあると同時に、「聞く力」つまり様々な訴えや要望を聞いて、お困りごとを聞いて、その解決のために粉骨砕身動いていける能力も大変重要なのだということは確実です。


そんな中でも、しかし、「主体的に取り組む」部分を残していくというのは、大きなテーマでもあるな、と須藤さんのお話を伺いながらとても感じ入ってしまいました。


そして、主体的に取り組む人が増えていけば、社会は着実に変わっていく、変えていけるのだという希望を与えられたお話でもありました。


少し本編に戻りますと、


例えば障害者の雇用について、明日の決算特別委員会の総括質疑でも質疑を行いますが、


もともと障害者の雇用率を算出する際に、「除外」つまり分母から弾いても良いとされている職種などがあります。特に運輸系など、おそらく「サービスを提供する上で人身に危険が生じるかもしれないから」という理由が予測されるとのことです。

この障害者の雇用に関しても、パーセンテージを決めて取り組むやり方それ自体が差別的と感じる当事者の方もいます。

また、「数だけ間に合わせて、中身は二の次になってしまう」「やらせてもらえる仕事は簡単な事務や作業などに偏ってしまう」などの問題点も伺っています。

障害のある方にできる仕事はこういうものだろう、というのを外側から決めていくということは難しいことなのでは、と感じる部分もあり、海外の例などを参照すると、大手の運輸系外資でもDEI(障害差別指標)が測られてなるべく仕事の内容や分野を問わず「働くための十分なサポートや支援」が得られているかがチェックされるようになってきています。


DEI.


Diversity(多様性)&Inclusion(包括)から一歩進み、

Diversity(多様性), Equity(公正), and Inclusion(包括)へと、世界の名だたる企業などの問題意識はシフトしているようです。


ただ多様性を包括するのみならず、

包括するにあたってそこには「公正であるかどうか」をたえずチェックし、是正していくことが求められます。


障害のある方のみならず、人種や生まれの違い、家庭環境の違い、男女や性別自認の違いなども含めて、全ての人が「公正に」活躍する場を得ていくことができるよう、取り組んでいくことが必要です。


そんなことも思い出しながら、考えを巡らせながら、

明日の質疑の準備を進めています。

とても大切なことを教えてくださった、須藤さん、鳥羽さん、本当にありがとうございました!

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。