失業や、住まいをなくしてしまう恐れのある方々へ。年末年始の相談はお早めに!都の緊急対策を活用ください

ついに、コロナの感染拡大による業績悪化から雇用を失った人の数は7万7千人にのぼるという報道がありました。

またこの数字は雇用主の申告があり認定をされているもので、実際の数字はもっともっと大きいという専門家の所見もあります。


東京都は、年末年始にコロナの影響で仕事がなくなるなどして住まいを失った人へ、ビジネスホテルの部屋を無償で提供します。

4月にも「住民票がない方も、ネカフェ難民の方も、こちらへ」とブログで紹介させていただきましたが、引き続き「TOKYOチャレンジネット」での住居支援が行われます。


12月21日から開始され、期間は来月19日までの間となります。

年末の29日、30日、また1月2日にも臨時で窓口が開かれます。

電話でも相談を受けています。

電話番号はフリーダイヤルの0120-874-225、女性専用の番号は、0120-874-505です。


日払いの仕事が入らずに収入が途絶えている、

飲食業のシフトがなくなるなどの状況の方も増えています。

ぜひ、遠慮することなく、相談をしてみてください。

そのほかに、東京都は年末年始、女性への相談体制を強化します。

女性については、そのお悩み事がその方により多種多様であることを想定して、いくつか窓口が分かれています。

年末年始に、どちらの窓口も閉じてしまわない、開いておく、ということにはなりましたので、ご自身がお悩みのこと、相談したいことがどこに相談すればいいのか、お悩みの方も、とりあえずまずはここに!というのが、幅広くこれまでも女性支援や相談対応を行なってきた東京ウィメンズプラザです。ここは東京都の配偶者暴力相談支援センターであり、実際にパートナーなどからの暴力でご自身と子どもなどの居場所を探している際の相談にも乗っていただけます。


電話 03-5467-2455(東京ウィメンズプラザ)

受付日・時間(電話) 12月29日~1月3日 午前10時00分~午後4時00分


また、家に居場所がない、という未成年など若い女性への相談支援については、私のブログでも何度か取り上げさせていただいている、BONDプロジェクトが年末年始の相談対応を行います。


メール相談

hear(at)bondproject.jp(特定非営利活動法人 BOND プロジェクト)

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

LINE相談

ID bondproject

12月30日~1月2日(ただし、12月31日は第1部のみ)

(第1部)午後2時00分~午後6時00分(受付は午後5時30分まで)

(第2部)午後6時30分~午後10時30分(受付は午後10時00分まで)


BONDさんは東京都の若年被害女性等支援モデル事業の委託を受けてこれまでも若い女性たちの相談を受けてきていますが、相談に乗る支援員が相談者の方達と同じくらい若い女性たち、という特徴があります。同じくモデル事業を委託され活動されるコラボさんもですが、やはり同じ年代の女性の方が話しやすい、ということもあるかと思います。

また、相談した上で、一時的な居場所の提供(宿泊できる場所)も行うということです。ぜひお悩みの方は、ご連絡を入れてみてください。


外国人の方、日本に暮らしているけれど日本語を母語としていない方からの相談は、東京都外国人新型コロナ生活相談センターTOCOSで受け付けます。


電話 0120-296-004(東京都外国人新型コロナ生活相談センター TOCOS)

受付日・時間(電話) 12月29日、30日、1月2日 午前10時00分~午後5時00分


もし、お近くに外国人の方がいたら、この情報をシェアして、困っている方などに広めていただきたいです。


最後に、こころに不安を感じる方等への相談支援も年末年始、継続して行われます。

自殺相談は東京都自殺相談ダイヤル、またLINE相談でも。


電話相談

電話 0570-087478(東京都自殺相談ダイヤル こころといのちのほっとライン)

※ナビダイヤルは無料通話やかけ放題プランの対象外です。

受付時間 午後2時00分~翌午前5時30分(無休)

LINE相談

LINEアカウント名 相談ほっとLINE@東京

受付時間 午後3時00分~午後9時30分(無休)


自殺相談は相談をしようとしてくれる方ばかりではないので、この窓口があるということは気休めにしかならないかもしれません。それでも、ここが休みなく開いている、電話をかければ誰かにつながる、ということを知っていただけることで、少しでも当事者の方の気持ちが楽になることを願っています。


緊急の保護が必要な女性の相談については、冒頭に紹介したウィメンズプラザに加えて、東京都女性相談センターをご案内します。

こちらは女性専用の番号です。

電話 03-5261-3911(東京都女性相談センター)(無休)


これだけ窓口を開いておいても、つながらない、つながれない人も出てくる可能性は常にあり、また、つながれたけれども結局問題が解決しなかった、居場所などにはつながることができなかった、ということなどがあれば大問題であると考えています。

もし、個別でお困りのことなどありましたら、ぜひご意見やご相談を頂ければと思います。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。