地域の交通などについて。都市整備委員会で質疑を行いました。

昨日は都市整備委員会で、主に

自転車活用推進計画や

地域公共交通の充実強化についてなど

地域で子育て世代や高齢者などが安全に移動できるために、都としてどのように施策を展開していただけるかということについて質疑を行いました。

自転車活用推進計画については、以前もブログで紹介しました。パブリックコメントをお寄せくださった都民の方もおられたことと思います。


都内の様々な地域において、日頃から自転車を使われている方、趣味としてロードバイクに乗られている方、自転車で食品を宅配してくれるサービスなどを使われている方など、自転車の活用が進む中で様々な方からご意見を伺ってきたところ、

例えば自転車専用レーンの整備が進んでいる地域でも、「レーンが途中でなくなってしまう」「レーンの途中に自動車が停車していて進めない」「子どもを後ろに乗せていると、トラックなどが怖いので歩道を走りたい」などのお声をいただいています。

今後レーンの連続性を高めていただけるような整備の推進に加えて、

路上駐車をせざるを得ない物流事業者等のための一時停留所などの整備も促進していただきたい旨を申し上げました。


また、自転車が増えると同時に駐輪場に適切に駐輪していただけていない、いわゆる放置自転車の増加も問題となっています。

現在ある駐輪場の情報が民間のマップなどの地図情報に反映されていくように、東京都からの情報提供や、駐輪場が足りていない地域については設置に向けた支援を行なっていただけるよう要望をしました。


自転車を使う人、

歩道を歩く人、犬などの散歩をする人、ベビーカーを押す人、杖をついて歩く人、車椅子で進む人、

また自動車を運転する人、

そのような全ての人が狭小の一つの道路・歩道でひしめき合ってしまうような都市構造では、自転車や歩行者・自動車との事故はなくすことができません。

それぞれの走行や歩行、滞留がスムーズに測れるように、道路やレーンの整理を図ってゆくべきだと考えています。


また、次に質問した「地域公共交通の充実・強化について」というのはつまり、コミュニティバスの運行支援についてです。

これについては地元稲城市から、最重要要望としてお伺いしてきたこともあり、一昨年の予算特別委員会でも取り上げ、区市町村の独自の取り組みとしては大変運行継続が厳しい路線なども出てきているということを申し上げてきました。


東京都においては、現在「地域公共交通のあり方検討会」を設置されており、今後の持続可能な公共交通のあり方について、検討を重ねる場が新たにできている状況です。


この検討会ができたことで、重要な観点として

「極力、補助金等に頼らない新しい事業スキームの検討が必要」という共通見解が得られていることがあります。


特に少子高齢化が進む地方都市などでは、すでに既存路線の継続が行政予算だけでは厳しい、となっている地域も多く、その中で新たに地域や地元商業施設等から協賛金を募り運行経費の一部に充てているという事例も出てきているところです。


この事業スキームを作るためには、例えば商業、観光、または教育などの多様な分野間との連携を図りながら、地域公共交通のあり方を検討していく必要があります。


地元の地域でも、路線バスやコミュニティバスのバス停が止まらなくなったという場所が出てきていたり、そもそもそこで乗り降りする人が大変少ないというポイントがあることも伺っています。

そんな中でも、どうそこに暮らしている人の足を確保して、

公共交通の持続を図っていけるか。

それを考えながら、都の検討会の進捗を見守っていきたいと思います。


そのほか、多摩地域の魅力向上や、

緑あふれる公園緑地等整備補助についてなど伺わせていただきましたが、


最後に、都市整備局の職員の皆様が新型コロナ感染症対策としての宿泊療養施設の運営にも大変ご尽力いただいていることに感謝の意を伝えました。


本来は、都におけるまちづくりの根幹を担う、重要な役割を持つ都市整備局の皆様に、本来の仕事に集中していただくためにも、やはり宿泊療養施設の運営は民間委託し進めていただくべきではないかと、強く感じている次第です。


引き続き、皆様からのご意見をお待ちしております。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。