子ども大学たま、第一期生の生徒募集が始まりました!

子どもたちに、大学教授や各業界の専門家から、大学で受ける講義のような学びを届ける!がモットーの子ども大学たまのプレ開講などのご紹介もして参りましたが、


この度、正式に2021年度、第一期生となる生徒さんたちの募集を開始しました!申し込みは5月7日まで。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

授業スケジュールは2ヶ月に一度、

本来なら多摩地域の大学のホールや講堂をお借りして対面で行いたいのですが、コロナのことがあり当面はオンライン(zoom)で開催することになります。


現段階での授業予定はこちらです。



第1回授業(入学式)

日時:2021年5月16日(日)14:00~16:30

●入学式

学長:榊原 洋一(お茶の水女子大学名誉教授)

●授業:もりとわたしたちのくらし(仮)

講師:山本 博一氏(東京大学名誉教授)


第2回授業

日時:7月 18 日(日)14:00~16:00

テーマ:夢のデザイン

講師:野澤 武史氏(ラグビー元日本代表、一般社団法人スポーツを止めるな代表理事)


第3回授業

日時:9月19日(日)14:00~16:00

テーマ:「音楽はこういう時こそ効くんだなあ ワクワク ドキドキ そしてちょっとしみじみ」〜賢作と一緒に音で遊ぼう〜

講師:谷川 賢作氏(作・編曲家/ピアニスト)


第4回授業

日時:11月 ※調整中 14:00~16:00

テーマ:宇宙の話(仮)

講師:牧島 一夫氏(東京大学名誉教授)


募集する生徒さんは小学4~6年生を中心として、多摩地域およびその周辺に住むお子様を対象としていますが、オンライン開催を併用していくこともありまして、その他地域からでも参加可能です。既にお申し込みくださっている方の中に、海外在住の方もいらっしゃることもあり、対面授業が開始できるとしても、オンラインの併用は継続していく必要がありそうです。


定員60名(締め切り前でも定員に達した時点で、募集を終了させていただきます)!


授業料は無しですが、

資料作成やオンライン授業のアーカイブ作成費用、会場費などに充当するための費用を年間で5000円をいただく形になります。


年間六回の授業の最後には、修了式や修了証の発行も行えるよう事務局でも考えて行きたいと思います。


事務局スタッフや、講義に来てくださる講師の方は全てボランティアで務めてくださる、というのが子ども大学の理念でもあります。


多摩育ちの自分と多摩で子育てをしてきた理事長の劉さんが出会い、

大好きな多摩地域に、子ども大学を作ることで、この地域を中心として全ての子どもたちを元気に、より好奇心や探究心に溢れた人生を送っていく力を身につけてほしい、という願いで意気投合をしたところに、榊原先生や多田先生をはじめ教育関係者や多摩・稲城在住の市民の方など、様々な方々の想いも重ねていただきながら、準備をしてきました。


学ぶということの可能性やパワーを知る様々な大学教授や専門家、文化人のご賛同やご協力も頂いていますが、まだまだ子ども大学たまは発展途上です。

子どもたちの、こんなことを学びたい!

という期待や希望に合わせて、これからの授業予定や取り上げるテーマも吟味していきたいと思っています。


谷川賢作さんが講師として来てくださる回では、生徒さんたちと一緒に校歌を歌いたいですね、と話しています。

子ども大学たまの校歌は谷川俊太郎さん作詞、谷川賢作さん作曲で、大人の私も大変勇気をいただくような名曲に仕上がっています!

これを第一期生の生徒さんたちと、谷川賢作さんのピアノ演奏とともに一緒に歌える日を心待ちにしています。


音楽や言葉には、不思議な力があるよね、ということを感じていただける回になるのではと思っています。


そのほかにも、子どもたちにとっても興味深く聞き入ってくれそうな授業がずらっと並んでいます。ぜひ、お楽しみに!


斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。