都政課題をわかりやすく。動画チャンネル始動します!初回ゲストはD×P今井さん。

今週13日木曜、再び東京みらいとして臨時議会の招集を東京都知事宛に行いました。

再び延長された緊急事態宣言ですが、

多摩市・稲城市でも子どもたちの数々の大会や運動会やイベント、部活動も中止となっています。

引き続き時短要請、休業要請を受ける事業者のみならず、関連する事業者の方々からも「仕事がなくなっている」と言う悲痛な声が届いています。


都として今ほど、個人や事業者への支援のあり方やこれまでの感染防止対策の検証が必要な時はありません。


そんな中ですが、議会が開かれず地元をまわりながらさまざまなご意見を伺っていますが、今の社会のあちこちで苦しむ当事者を支えている団体や、問題を研究している大学教授などにお話を伺っていく動画を作り、できるだけ多くの方に都政課題として起きているさまざまな問題をわかりやすく説明をすることで知っていただき、一緒に考えていく材料としたいと思い、動画チャンネルを改めて始動することにしました。


第一回目のゲストは、

認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長の今井紀明さん。


この団体は、コロナ以前から関西を拠点として定時制・通信制高校の生徒さんの学習支援や相談支援、また困窮する10代や学生などの若者たちを支援することを続けておられます。

私は昨年、超党派の地方議員や民間の方々と活動する親子・子育て応援ラボの勉強会で今井さんの取り組みについての想いや実際今現在に若い世代が直面している厳しい状況について教えていただいて、大変感銘を受け、この状況は行政や東京都へも届けていかねばならないと思いました。


今の学生さん、10代の子達は、どんなことに困っているの?

問いかけに説明してくれる今井さんの言葉、必聴です!


動画チャンネル始動の一本目と言うことなのに、私のリードが全く足りておらずに、ゆるい始まりとなってしまっております。申し訳ありません。


(ちなみに・この動画を編集してくれているのは東京都の不登校生徒さんの支援や通信制サポート校として活躍するNPO法人高卒支援会さんのなんと生徒さんです。そちらの団体の方との対談もこの後公開していく予定です)


今井さんのまっすぐで温かいひととなりをまず知っていただきたいと思ったので、いろいろな質問を投げかけてみました。

全く事前打ち合わせや質問の調整などしていなかったのですが、一つ一つの問いかけに、まっすぐ向き合い言葉を発してくださったのが印象的です。

今井さんご自身が、かつて大変辛い想い・体験をしてきたということと、

その時に周囲に助けられたという経験があることから、

若い人たちを助けたい、支援したい、と言う想いが行動となり、生き方となって、今のD×Pの活動となっているのだということがわかります。


(この動画を収録したのは緊急事態宣言が東京都で発出された翌週のゴールデンウィーク中です。)


今井さんからここで伺った、目的を絞らない幅広い相談支援や若者世代の実情の調査についてなどは、この翌週に東京都に要望として提出をしましたが、未だ果たせておらず。繰り返し求めていきます。


この団体に限らず、各地の団体等に、「東京都の若者や学生が支援を求めてアクセスしてきている」と言う事実を、東京都にしっかり伝えていきたいと思います。


そして、実は最近、江東区議会議員の三次ゆりかさんの動画にも出演させていただきました!

ゆりかさんと対談する形で、こちらはゆりかさんからさまざまな質問を私がいただく形になっています。

私がそもそもなぜ政治活動を始めたのか、

想いを持って取り組む児童虐待防止についての話など、させていただいています。


合わせてご紹介させていただきます。



地域を回って都政のご報告をすることに加えて、

特に外出を自粛するご協力をくださる方も多い現在は、わかりやすく動画でさまざまな課題を伝えていく努力を重ねていこうと思います。


引き続き、幅広いご意見をお待ちしています。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。