【斉藤の活動のこれまでと、これから】動物との共生社会の実現に向けて。

これまで、地域猫の保護活動を行われている地元の方達や動物愛護推進員の方達とも意見交換を行わせていただいてきた現地でもある、

多摩センター駅からほど近い、猫カフェ「たまねこ」に伺い、最近の地域猫の保護活動の状況についてお話を伺いました。


こちらで過去に伺ってきた様々なご意見をもとに、

東京都議会で特に厚生委員会において、動物愛護施策について質疑を行ってきました。

例えば、

動物愛護センターが動物と人間の共生社会を実現するための拠点となるように、東京都にはイメージアップも含めてセンターの改修や周知に取り組んでいただきたいこと

動物愛護推進員が地域で活動できるよう、繋がりを設ける支援をしていただきたいこと

殺処分ゼロの背後で尽力してくださっている地域のボランティア団体への支援を拡充すること


などを質疑・要望してきました。


先日動物愛護センターに保護動物の引き取りにいく団体にも同行させていただき、取材をしてきましたが、


本当に、東京都の殺処分ゼロは

「そもそも動物愛護センターに引き取られる動物が少なくなっている」

つまり、

民間のボランティア団体が各地域で影に日向に、昼夜を問わず犬猫をはじめ動物達の保護活動を進めてくださっていることが大きく貢献しているものです。


センターに引き取られている猫は今年大変少ないと聞いてきましたが、

ボランティア団体に保護されている地域猫は大変多いそうです。

多摩市のこちらだけでも、この2週間で9頭。

地域の中で捕獲し、必要な医療を施し、里親へとつなげていく努力をしてくださっているのが、民間のボランティア団体の皆様です。


ぜひ、動画をご覧ください。

伊沢さんもおっしゃっている、「福祉との連携」は本当に大切なことだと思っています。

多頭飼育、多頭崩壊の保護活動も多くなっていると伺いますが、

実際にはそのような場合の飼い主の方が何らかのリスクが元々あって、

行政の福祉部門とは繋がれていた、けれども飼育している動物の情報はボランティア団体などには「多頭崩壊」してから届く、ということが常態化しているとよく伺います。


こちらも、児童虐待と同じことが言えます。

崩壊が起きてから保護するよりも、

できるならば、事前に予防的支援を行なっていけるように。


東京都に持ち帰り、検討を要望して行きたいと思います。


誰1人取り残さない東京へ。

引き続き、幅広くご意見をお待ちしています。