文字通り、書類の山

毎日今の所、書類の山と向き合っているところです。

とはいえ、昨日の午前中は選挙期間中にボランティア活動でお世話になった方達にご挨拶に行きました。反省点や様々なことを振り返りました。


お昼過ぎから、昨日の新人研修会では

財務局、主税局、会計管理局、収用委員会事務局、(1H)

産業労働局、中央卸売市場、港湾局、労働委員会事務局、(1H)

福祉保健局、病院経営本部(1H)

それぞれの説明を受けました。


福祉保健局の中でも、新しい事業がいくつも始まります。不妊治療検査の支援などもその一つ。子供を持つことを望む夫婦が早期に検査を受け、必要に応じて適切な不妊治療を開始することができるようにと、「不妊検査」及び「一般不妊治療」に要した費用の一部を東京都が助成するというものです。

今週ちょうど他の場所で話題になりましたが、この新しく始まった事業に関しても、やはり「どれだけそれを必要としているニーズのある方々にこの施策を届けられるか」が課題であるというお話も伺いました。せっかくの新事業も、それが始まるということをより多くの方に知って頂かないことには非常に勿体無い結果となってしまいます。

東京都の事業は今後徹底したPDCAサイクルのもと、その効果や利用者の評価なども参考に来年度以降の予算を決めていく流れになるため、こういった事業が継続して行われていくことができるのかどうかも、これから始まる助成申請にどれくらいの申し込みが来てどれくらいの方たちがその恩恵を受けていくかによって判断されることとなります。


こちらの事業は、受付開始は平成29年10月2日からです。

そして、

私自身は明後日までに提出期限が迫っております選挙運動費収支報告書の作成で、何を思ったのかあまり項目も多くないことだしありがたく一つ一つの収入や支出を振り返りながら手書きで作成しよう、とやり始めてみたら 右手首が非常に疲れてしまいました。


けれど、手書きをしていると、一箇所一箇所の文具店や駐車場、通った道や周った駅をすべて仔細に思い出すから不思議です。これまでexcel入力スタイルが普通だったこの作業も、手で書いてみることも意味があるな、と思いました。


ボランティアとして来てくださっていた方たちが、足りなくなった両面テープや、ノボリ用の布、必要な備品を買いにあちこち走り回ってくれたことや、私自身が行けない細かな作業もやってきてくれていたことが、収支報告書の一行一行にしっかりと記録されておりました。ありがたいです。


さぁ、もう少し書類と向き合っていきます!私の家族や子どもの園でも体調を崩す人が非常に多いので、皆様どうか夏風邪や溶連菌には気をつけて、うがい手洗いに水分をとってお体ご自愛くださいませ。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト | 都民ファーストの会

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。