日曜日は子どもの通う幼稚園の運動会でした。

最初の頃は小さくて幼児という趣に近かったのに、今はやや少年に近づいてきたように思います。

障害物競走や、親子リレー、玉入れと一生懸命に取り組む姿を見て、家で見るよりもたくましい姿に驚かされました。またこの幼稚園では競技の途中にリズム隊の打楽器を中心として演奏の時間がありますが、4月から練習してきた成果が十二分に表れており園児全員の頑張りと集中力に感動致しました。

大人は子どもたちの存在に支えられていると日々感じています。

いま、多摩市役所の裏からコミュニティセンターゆう桜ヶ丘につながる原峰公園の中で、多摩市の小学校や中学校の生徒さんが作ったアート作品が展示中です。中にはまた、大人のアーティストの方が自宅工房で作り上げ持ってきて展示されているものもあります。子どもたちと、姉家族と一緒に行って来ました。

普段は原峰公園内は自然の手付かずのままの森といえるような草木と虫たちが集まる場所で子どもたちにも人気のスポットですが、この日は自然の中に溶け込むようにして色のついたかわいらしい人形たちや空を流れるキラキラとした天の川があり、思わず下の子は近づいて行って輝く星たちに手を伸ばしておりました。

海を表現したアートや、大きな砂山もあり、足を運んで鑑賞してまわる方の姿も多く見られました。二カ月間展示されているということです。お近くの方はぜひ、足をお運び下さい。

月曜は衆議院選挙の21区長島昭久さんの議員選対会議、また23区伊藤俊輔さんの議員選対会議がありました。写真は21区長島昭久さんの議員選対の都議メンバーで撮りました。長島さんは子どもの貧困を解消させるために、超党派の議員連盟を立ち上げ活動を続けています。長島さんを応援する都民ファースト都議団の日野市菅原さんは、先日の第三定例会の一般質問で、子どもの貧困という言葉自体にまず疑義を唱えて、子どもは豊かです、子どもを貧困とよばれる立場にさせているのは私たち大人や社会です、と発言されました。お二人とも、芯のある、信念のある政治家であり、私も心から尊敬しています。今回の選挙戦、私も微力ながら応援させて頂きます。

公示日は朝から千葉3区の五井駅にてくしぶち万里さんの第一声に参加し、選挙カーに同乗してお手伝いして参りました。もともと私の地元多摩で長年活動されていたくしぶちさんは、国際貢献活動を17年と政治活動を8年のベテランであり、また地元を大切に落選中も地域の声を聴き続けてこられ、今回は千葉3区に移ることになりましたがこれまでに聞いた全ての声を無為にすることはできないと闘い抜く決意をされています。ご実家は幼稚園や保育園を経営され、女性活躍にも並々ならぬ思いをお持ちです。

午後からは都庁に行き、東京都青少年健全育成審議会に出席して参りました。自分が出席するのは2回めですが、都議会で2010年に青少年健全育成に関する条例が一部改正されており、実際に今回の審議会の審議に反映され議論されていることを目の当たりにすると、都議として条例成立には細心の注意を持って向き合っていく必要があると感じました。私も僭越ながら意見を述べさせて頂きましたが、今回の審議会は欠席者が多くいらっしゃったことが気になりました。

引き続き、都議としてしっかりと勤めを果たして参りたいと思います。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト | 都民ファーストの会

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。