いなぎ市民祭、衆議院選挙、台風21号注意です

昨日今日と行われている稲城市民祭、iのまち いなぎ市民祭りのオープニングセレモニーに出席させていただきました。雨も降り始めていましたが、それでも多くの市民がお子さんづれで参加されていて賑わっておりました。向かう途中に、同じく会場に向かう小さなお子さんたちは雨が降ることなど何ら不都合に感じていないように、楽しげに親御さんの手を引いてお祭りの場所へと急いでおりました。お子さんにとっては、天気の良し悪しよりその時その時の時間、催し、目の前の楽しいことが何よりの思い出になるんでしょう。風邪を引いているうちの子らは連れてくることができず、残念でした。

市制施行45周年記念事業として「ロゴタイプ」を制定するということで、公募の結果156作品の応募があり、選考の結果、木村文香(きむらあやか)さんの作品に決定したとセレモニーで発表がありました。自分もお願いして、記念に撮影していただきました。力強いけど柔らかい。素敵ですね!木村さん、ご本人と。

写真は上から、衆議院議員選挙22区かながさき恵美候補と稲城駅の夜の駅頭、21区長島昭久候補の街宣車で弁士として参加させて頂いた折と立川駅最終演説会の様子、23区伊藤俊輔候補と小池代表の町田駅前の街頭演説会の呼び込み時(中央に町田市選出の奥澤さんがいます)のものです。


まだ結果が確定していない部分もありますが、自分の力不足もあり新たな小選挙区割りの中、候補の浸透が行き渡らなかったという点が特に22区においては顕著で、候補本人が稲城市民の方にお会いできるような機会をもっと作れなかったこと、本当に申し訳なく感じています。かながさき候補は優しく暖かなお人柄で、少子高齢化社会に必要な制度的改革や待機児童解消を訴えての立候補でしたが、返す返すも候補の思いをもっと届けるお手伝いができなかったことが悔やまれます。


21区と23区の候補は陣営のスタッフや支援者の皆様の尽力、日々の活動や地元の皆様の熱いご支援には圧倒されるほどでした。まだ最終結果はわかりませんが、それぞれの最終演説には自分は魂を揺さぶられ、大変に心を動かされました。日々の活動の中で、聞いたお声、見た光景がその候補の中に変わらずあり続け、その候補を突き動かしているということを思い知らされました。まだ全ての結果は出ていませんが、長島候補の小選挙区当選と伊藤候補の比例当選を祈念申し上げます。


また、主に多摩市稲城市、さらに町田市や立川市日野市国立市で街頭に希望の党の看板と、もしくは候補本人とともに立たせて頂いたことで、都政に対する、そして都民ファーストの会に対するご意見も様々伺うことがありました。叱咤や激励も多くいただきますが、様々な批判や要望のお声もあり、どれもしっかりと真摯に受け止めて活動に反映していく必要を感じています。

自分はただ漫然とここにいるのではなく、いくつもの目標達成のために動き続ける必要があるということを改めて感じた12日間でした。

自分の日頃の活動をお支え頂いている皆様、またこの度の衆議院選挙でお世話になりました皆様、様々なご指導賜りました皆様にも、本当にありがとうございました。


最後に、先ほど台風21号の影響で多摩市と稲城市に避難準備・高齢者等避難開始が発令されました。今現在多摩市の雨と風もどんどん強くなっています。

多摩市は連光寺2丁目や桜ヶ丘2丁目、和田のエリアで土砂災害の危険性が高まる可能性がある対象地域にお住いの方は避難の準備をして、総合体育館、ゆう桜ヶ丘、連光寺小学校に避難してくださいということです。特に高齢の方、障害のある方、小さな子どもをお連れの方は支援者と連絡を取り合うなどして避難してください。稲城市でも、避難準備・高齢者等避難開始が発令されています。高齢の方や障害のある方以外の方も、気象情報に注意して、危険と感じたら早めに準備して避難をするようにしてください。稲城市の避難所は矢野口の第七小学校、向陽台の城山小学校、長峰小学校、百村の第一中学校、矢野口・東長沼の第三中学校、若葉台の第六中学校、平尾のふれんど平尾です。


ベランダや駐車場、玄関先などにも飛んで行ってしまいそうなものは家の中に入れておいたほうがいいかもしれません。明日の朝の通学や通勤もどうぞお気をつけて行かれますように。また、避難勧告は出ていませんが多摩川周辺にお住いの方々もどうぞ、気象情報に注意をしてお気をつけください。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト | 都民ファーストの会

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。