動物愛護タウンミーティング、そして多摩センタークリスマスイルミネーション点灯式に参加しました

本日、多摩センター駅近くの猫カフェ、たまねこにて、多摩市猫を考える会の皆様や、多摩市の猫の飼い方普及員の方、また東京都動物愛護推進員の方も参加され、動物愛護についてのタウンミーティングを行わせていただきました。

多摩市議会議員の本間さん(公明党)、藤條さん(維新)も参加くださり、市議会での様々な議論や経緯についてご説明をくださいました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

私からは、先の決算委員会の福祉保健局への質疑のうち、動物愛護に関する質問について、局からの答弁内容などの説明と報告をさせていただきました。

その報告を受けたのちに、皆様との意見交換会。

局の中には認識すらないかもしれない課題が、やはり地域の中にはあるのだということをまざまざと感じさせられる一幕もありました。

私が決算委員会で質問したのは、

動物愛護とは何か

動物愛護推進員の役割は何か

地域のボランティアや、NPO等の団体との連携の取り組みは何か

区市町村への支援はどう行われているか

動物愛護管理審議会の役割は何か(ひいては、動物愛護相談センターのあり方等について)

という点です。


本日のお話の中にもありましたが、東京都は殺処分ゼロに向けて前進しているとは言われるものの、実際には殺処分ゼロの裏側には溢れんばかりの地域猫(親のいない子猫等)の問題に対処せざるを得ない地域の有志の無償ボランティアの存在があります。

殺処分とは、あくまでも東京都の動物愛護相談センターに持ち込まれた、引き取られた動物の殺処分の話です。そこに引き取ってもらえない動物たちの存在があるということを、都はまず認識しなければなりません。


ボランティアの方々は、自らの生活を犠牲にし、休みを返上して地域猫の去勢・避妊手術を行ったり、譲渡推進への取り組みを進めておられるのが現状です。そして、その現状を知るすべがない行政の職員の方々が動物愛護事業に携わっておられることも事実です。


東京都は包括的に区市町村への支援を行っています。

が、例えば去勢不妊手術の助成は区市町村によって制度の格差や補助額の開きも大きくあり、実際には助成制度が整っている自治体に違う地域からも手術を行うためにボランティアさんが集まっているような状況です。

同じ東京都の中でも、地域によりかなりの差が出ているのです。

多摩市や日野市では、去勢不妊手術は市の定めた動物病院(獣医師会登録)のみで大変少ないという現状もあります。また稲城市は、そもそもこの助成制度がないということもあります。

各地により違いがあることを、「地域性」としていいのか、東京都としてせめてガイドラインを策定するなどして、区市町村が判断する際の指針となるようなものを示すことはできないのか、これは一考の価値があると思いました。



本当に、貴重な意見交換の場を持たせてくださいまして、ありがとうございました。

本日お会いできていない他のボランティアの皆様にも、今後お話を伺えるようにしてまいりたいと思います。


本日、また、多摩センター駅でクリスマスイルミネーション点灯式があり、こちらは大変楽しみにしていた娘たちを伴って伺いました。



去年はだいぶ寒かったのですが、今日はそれほど寒くもなく、とてもゆったりとした雰囲気で点灯式を楽しむことができたような気がいたします。


娘たちは、ハローキティのクリスマスショーに大喜びでした。

しばらくまた、我が家ではキティちゃんの波が来そうです。

本日から、多摩センター駅周辺では見事なイルミネーションが1月6日まで行われています。ぜひ、駅に立ち寄っていただき、各所で撮影スポットがありますので、ぜひ素敵な写真を撮って、フォトコンテストにご応募していただきたいと思います!


東京都でも指折りのイルミネーションであることは確実です。

表参道などとも違い、空と道が広く、開放感の中にきらめくイルミネーションはまるで銀河のようです。

ぜひ、近隣の方のみならず、皆様のご来訪をお待ちしております。


斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト | 都民ファーストの会

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。