来年度予算発表&新会派設立のご報告

平成31年度予算案と平成30年度補正予算案が発表されました。本日、無所属 東京みらいの新会派を設立するとともに、新会派として幹事長談話を発表させていただきました。


また、それに伴い、新会派の3名で一言ずつご挨拶の言葉を述べさせていただいた動画を公開いたしました。

都民の皆様にとって目に見えやすく、わかりやすい、また意見を伝えやすい会派を目指して活動して参ります。

お時間のある方、ぜひミートアップにもご参加ください!

チャンネルURL

https://www.youtube.com/channel/UCbAX9WI1giRhhxbSyBObA2g

動画URL

https://www.youtube.com/watch?v=0t-3jzQU7T8&t=1s


東京みらいミートアップ お申し込みフォーム

https://goo.gl/forms/OfBw5ecgZDRXJM6T2

新年度予算は過去最大の一般会計歳出総額7兆4610億円という規模に上っています。

詳しくはこれから各局の事業詳細を担当課から聞き取りしていくことになりますが、特に「人への投資」を掲げて東京都の都市としての成長を促進するという目的がしっかりと都民の元に成長の実感としておりてくる結果となるように、丁寧に一つ一つの事業の期待される効果や区市町村のニーズ等を照らし合わせてみてゆきたいと思います。


本日早速説明を受けたのは、全国でも初めて教員の働き方改革を実現するために東京都で新財団が立ち上げられるという計画についてです。この予算が承認されれば、来年度具体的に「外部人材の確保(=人材バンク)」や「外部専門家への相談体制」、また「海外教育機関との調整等の代行」についての検討が進められていくこととなります。


これまで事務的な作業から保護者対応、非常勤講師等の人材確保、また海外機関との専門的なやりとりも含めて各学校が担ってきた業務は非常に大きく、教員の方々が学習指導や生活指導のみならず多くの時間を学校マネジメントや事務等に費やしてきたことが教員の長時間労働の一因であるとも言われていますので、今回新たに検討される新財団の設立が、学校という場所を今以上に、教員以外の専門家や、様々な分野での民間の知恵を持つ多様な社会人の力を借りることができる場所へと開いていく一つのきっかけになることを願ってやみません。


具体的な検討内容については引き続き追いかけて参ります。


変わらず、幅広くご指導ご鞭撻を賜りますよう、また日々の生活の中で感じる様々な不安や期待、お困りごとなどもお寄せくださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。