オリパラ特別委員会。大会の真の成功に向けて、奥澤都議が質疑に立ちました

マラソン・競歩の開催地の札幌変更にあたり、オリパラ委員会が開催されています。

これまでの経緯について、奥澤都議もブログに詳細に記してくれています。ぜひみなさまご参照ください。

ブログでもまとめてくれていますが、経緯はこのようになっています。


・9/27 ドーハの世界陸上女子マラソンでリタイアが続出(酷暑が原因との見方)

・10/11 IOCから組織委員会にマラソン・競歩会場を札幌へ変更する打診(札幌案を提案することが決定)

・10/15 IOCから東京都に会場変更案が伝えられる

・10/16 IOCから会場変更案が公式に発表される

・10/31~11/1 IOC、組織委員会、東京都、国の四者で、その是非が議論される

・11/1 四者協議において、マラソン・競歩の札幌開催と議論の到達点としての4項目が示される。


この中において、都議会でも連日各会派との調整や議論検討を積み重ね、私が厚生委員として外の視察や式典の公務に回っている間も奥澤都議・森澤都議でその調整も進めてきてくれました。


無所属・東京みらいとしても、

1、世界中から集う全てのアスリートならびに東京2020大会を待ちわびる全ての方々の期待に応えるために、安全で円滑に競技が開催されること

2、これまで東京2020大会の成功に向けてご尽力いただいた全ての関係者にとって、理解と納得の得られる協議がなされること

このような観点を踏まえ、東京都がこれまで積み重ねてきた準備がIOCに評価され、当初の計画通りに、東京都でマラソン及び競歩が開催されることを願うことを主張して参りました。


またこの間、貴重なお声を寄せてくださった地元市民の皆様には心より感謝を申し上げます。私の元には特に費用負担に関するご懸念、不安等の声が多く寄せられておりました。


このような声を委員会でも取り上げ、伝えて、今後の費用負担に関しては奥澤都議が委員会でも質疑しているように、追加で生じる費用の負担は東京都は行わないことについて特に以下の点で確認と要望を付け加えています。


「追加負担を都が行わないという確認はしたものの、誰が負担するかは決まっていない。都への補償が出た場合にどういった処理方法で支払うのか決まっていない。など、4項目から派生する具体的な内容の協議は今後になります。その出発点について、改めて四者の認識が同じであることを確認するとともに、今後の協議ではその都度書面で確認していくことを求めました。」(奥澤都議ブログより引用)


また、札幌開催が決定した以上、警備やボランティアの運営、外国人対応や医療体制構築を含む、マラソン・競歩の成功に向けてノウハウの提供や都としてできる支援は進めて頂きたいと考えます。

都議会として意見書を提出したにも関わらず、結果としてマラソン・競歩の東京での開催ができないということは心底残念という他ありませんが、これから限られた時間の中で成功に向けて東京都として何ができるか、そして費用負担などについては明確にどう精査し、東京都以外のどこがそれを負担してゆくのか、これについても正確かつ迅速に検討していくべきであると考えます。


私たち東京みらいもオール東京の一員として、この問題を政局にすることなく、それぞれの活動や質疑を通して、全力で東京2020大会の成功に向けて尽力していく所存です。



斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。