介護予防について、若い世代も交えて勉強会。

まずは会派で、ということで、奥澤事務所と斉藤事務所のインターンさんたちも入ってもらい、川崎市の介護予防デイサービスのはなまる元気塾の小田さんから、お話を伺う機会を設けました。


奥澤都議はオリパラ委員会もあり多忙な毎日ですが、

質問もしながら直接話を伺うことができたので非常に納得していた様子でした。

また、参加してくれたインターンさんたちはみんな、ちょうどはなまる元気塾の利用者さんのお孫さん世代。

小田さんが質問を投げかけてみると、おじいさまおばあさまのことも重ねながら さらに真剣に議論を受け止めてくれました。

介護のことは、遠い未来の話だと思っている学生さんが多いかもしれません。私もそうだったと思います。

けれど、介護や福祉全体の行政にかかる予算については、18歳や19歳の学生さんが勉強しても決して早すぎることはありません。

将来的に、今の10代やそれ以下の世代が背負っていくことになる負担の話です。


最後にそれぞれレポートを提出してもらったところ、

現状制度を見直す必要があると感じた

介護に頼らないという意識を持つことがのちの世代のためにも大切

介護が必要になってしまってからでは遅いことがある

と、なかなかに鋭い感想が届けられました。学生さんたちの吸収力は素晴らしいです。


今日からは、森澤都議と共に、一般質問の準備を本格的に始めています。

今回も、13分間という時間に多くの想いを詰め込めるよう取り組みたいと思います。

斉藤れいな(さいとうれいな)公式サイト

東京都議会議員 南多摩選挙区選出 斉藤れいなの公式ホームページです。